鉄筋探査・配筋探査の株式会社計測技術サービス >  ソフトウェア紹介 ソフトウェア紹介

レポートリーダ SP2PCVIEWER詳細はこちら


レポートリーダはハンディサーチNJJ-200、NJJ-105専用のViewerソフトです。
HASPキーなしで測定データの閲覧、印刷ができます。
※設定変更、編集前のみ印刷が可能です。

レポートメーカ200 SP2PC Ver3.0.0詳細はこちら


レポートメーカ200はハンディサーチNJJ-200、NJJ-105専用の報告書作成ソフトです。
RCレポートメーカの操作性を引継ぎ、更に新機能が付きました。

3次元可視化ソフト 3D_MAKER200詳細はこちら

現在開発中です。

RCレポートメーカ HS2PC Ver8.0.0詳細はこちら


パソコンに取り込んだ直後の測定データ(重ねて表示)
表計算ソフトにデータを貼り付け、報告書を作成

3次元可視化ソフト Radar 3D_Light Ver7詳細はこちら

色による分かりやすい深度表示 深度浅モード 深度深モード

間隔の狭い鉄筋や複雑配管でも鮮明な画像表示で、把握が容易に行えます。
オートフォーカス機能により、比誘電率を推定し、深度表示します。
深度範囲は浅・中・深の3段階表示です。

クラウド対応(仮)詳細はこちら

探査したデータを作業場からクラウドにアップロードし、オフィスで探査データの解析が可能です。