鉄筋探査・配筋探査の株式会社計測技術サービス >  Q&A >  炭素繊維が入っているCFRC(セメン ト系複合体)板の鉄筋探査は、ハンディサーチで出来ますか? Q&A

ご回答詳細

炭素繊維が入っているCFRC(セメン ト系複合体)板の鉄筋探査は、ハンディサーチで出来ますか?

炭素繊維はレーダ波を吸収する素材のため、電磁波レーダ法の鉄筋探査機では探査できません。

この場合、電磁誘導法の鉄筋探査機を用いるのが一般的な探査方法となります。

但し、どの程度炭素繊維が配合されているかですが、微量な場合は電磁波レーダ法でも探査できる場合はあるようです。

また余談ですが、カーボンシートで補強された橋脚などの探査もできません。(カーボンシートが1層の場合は、繊維方向に探査すると、それに直行する鉄筋だけは反射画像が表示されるようです)

ご希望でございましたら、現場に同行し試験的な探査実験を行うことも可能です。

 

<実験によって実際に探査した測定データ>

モノクロ/オフセット画像

カラー/絶対値

モノクロ/オフセット/平均波処理(横縞除去)

 

<条件>

・築年数約10年

・強度 約250~300

・表面タイル貼り

・鉄筋ピッチ 約100mm

・鉄筋かぶり厚 約50mm

・骨材 速強ボルドランド、粉ケイ砂、シラスバレーン

・体積比の約2%で炭素繊維が入っている

・ハンディサーチは、NJJ-200を使用

コメント一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Q&A受付ボタン 測定データ送信フォームボタン