鉄筋探査・配筋探査の株式会社計測技術サービス >  会社概要・沿革 会社案内

The Beginning of KGS 計測技術サービスのはじまり

今から約20年前、KGS(計測技術サービス)は、阪神大震災直後の1995年3月、
まだ至るところで瓦礫の撤去作業の音が響く神戸で、産声を上げた。


夢は、世界一の非破壊検査装置を作る事。


しかし、最初の仕事は、JRC社製「RCレーダ(JEJ-60B)」の修理であった。

確かに、その当時の仕事と言えば、資金も技術もなく、修理しか出来なかった。


毎日、回路図を見ながら、ハンダゴテを握る日々。
もちろん、修理だけで終わるつもりは、ない。
視線は常に、ハンダが溶けた時に出る、松ヤニの煙の先を見ていた。


本田技研の創業者である本田宗一郎。

彼の最初の事業は、自動車メーカではなく、暖簾分けで始めた
「アート商会」という自動車修理工場であった。


蒸気機関で産業革命をもたらしたジェームス・ワット。


彼は蒸気機関を発明したのではなく、当時あったトーマス・ニューコメンの蒸気機関を、
効率の良い方法に改良することで、富と名声を築いた。
そのワットが最初にしていた仕事が、トーマス・ニューコメン蒸気機関の修理であった。

 

開業から数年経っても、我々KGSに装置を作れる技術や設備、それに資金もなかった。
しかし、資金や設備がなくとも、代わりにハンディサーチ用のパソコンソフトなら
技術だけで作る事が出来た。


そのソフトが、現在、累計販売本数1千本を超える大ヒットになった。

あの、「RCレポートメーカ」 である 。

RCレポートメーカは、もはや、業界標準のソフトとなっていた。


それにより、非破壊検査装置のソフトのメーカとして、業界に認知され始めた。

 

KGSは、夢に一歩、近づいた

Quality Control モノ作りで大切な事、それは品質管理。

色々とチャンスを頂き、社員数10数名の小さな会社にも関わらず、
日本の大手企業と取引する事が出来た。
KGSは大手企業の下請けとして、またある時は、大手企業に納入する事で、
モノ作りの修業をした。

大手企業の要求される品質レベルを達成するために、時には死ぬ思いもした。
いや、実際、死にかけた事もあった。
しかしそのお蔭で、多くのことを学べる事が出来た。

 
KGSで最初に作った非破壊検査装置は、「アイゼンプロスぺクタ~鉄測~」である。


開発に着手した動機は、鉄筋探査において、「電磁波レーダ方式」と「電磁誘導方式」があるが、電磁誘導方式で日本製の商品がないことであった。
これだけ技術的に進んだ日本で、日本製の装置がない事に我慢が出来なかったのだ。


今回のNJJ-200は、今までのハンディサーチを何が違うか?


KGSは、企画段階からJRCとガッチリとタッグを組み、新型ハンディサーチのアイデアを出していった。それは、これまでのコンクリートレーダの枠を打ち破る、画期的なものであった。


それは、スマートフォンやタブレット端末をコントローラとする、
分離可能型と呼ばれる第三世代のコンクリートレーダである。


第一世代と言われる、アンテナとコントローラーがケーブルで接続されているタイプ。
または第二世代と言われる、コントローラーとアンテナが一体になっているタイプと比べ、
ワイヤレスでアンテナとコントローラーをつなぐ事で、大幅に利便性が向上する。


またコントローラーである、スマートフォンやタブレット端末を買換える事で、
安価で本体ハードウェアのバージョンアップが出来る。
新しい機種は、処理スピードは速くなり、液晶は更に見えやすくなり、連続使用可能時間も長くなる。
古いハードでは、どれだけソフトでバージョンアップをしても限界がある。


  それに第一、その方がカッコイイ!


KGSは、この非破壊検査業界を、もっとクールで、もっとパワフルな業界にするために、貢献したいと願っている。


今回、本体制御装置のアプリもKGSが作った 。


装置メーカはJRCだが、KGSが考えるコンセプトが沢山含まれている。

自社製品と思い入れが出来る程、愛情とアイデアを、たっぷり盛り込んだ。

 
KGSは、また一歩、夢に近づいた。

Spirit 大切にしている事現場の肌感覚/チャレンジ精神

この狭い非破壊検査業界で、空前の1千本を売り上げた「RCレポートメーカ」

その基本コンセプトは、KGSを創業する前、検査会社で働いていたときに、
「こんなものがあればなあ」と思っていた事を、形にしたものであった。


KGSは、時々、現場調査を引き受ける。


それは、現場の肌感覚を忘れないためだ。

それに条件もある。

単純な現場ではなく、難しい現場、あるいは、誰も試した事のない現場であること。

時代の先端に居続けるためには、つねに開拓者である必要がある。
開拓者に必要な資質は、経験や実績に基づいた分析力ではなく、
確固たる「根拠のない自信」に立脚した、チャレンジ精神である。

これまで非破壊検査装置以外では、

 * 携帯電話のメモリーをコピーする「メモリコピーツール」
 * 13個もポートがある、USB Hub
 * イノシシを捕獲する檻が作動すると携帯電話に写真を送る「有害鳥獣捕獲監視装置」
 * 武道の修練をするための「電脳防具、雷鳴Ψ」


などを開発してきた。


「非破壊検査」「通信」に関わる事で話があれば、なり振りかまわずチャレンジして来た。
でも正直に言えば、大怪我をしたプロジェクトもある。

しかし、、


  うまく滑れるようになってから、スキーに行く人はいない。


「やった事がない」は、やれない理由にはならない。
それは、「やらない理由」でしかない。

KGSは、時々、とんでもない仕事を引き受ける。
それは、チャレンジ精神を忘れない為である。

さて次は、何に チャレンジ しようか

会社概要

商号 株式会社計測技術サービス
所在地

【 東 京 本 社 】
〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-8-8F

【 大阪営業所 】
〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島2-10-19-314

創立 1995年 3月
資本金 1000万円
代表役員 清 良平
業務内容

電気通信機器に関する研究開発・製造及び保守サービス

電気通信機器に関するソフトウェア開発

非破壊検査機器に関する開発・製造

非破壊検査機器に関するソフトウェア開発

測定機器に関する校正・修理および開発・販売

非破壊検査機器および測定機器の短期貸出サービス

非破壊検査機器および測定機器の買取および販売

上記各号に付帯する一切の業務

取引銀行 りそな銀行 本郷支店

三菱東京UFJ 銀行 春日町支店

決算期 毎年 8月 31日
主な取引先

日本無線株式会社

KDDI 株式会社

大阪ガス株式会社

東京ガス株式会社

会社沿革

1995 03

資本金500 万円で、有限会社計測技術サービスを神戸市灘区に設立
非破壊検査装置の修理を事業として営業を開始する

1996 03

本社所在地を大阪市西区に移転

2000 01

東京営業所設立

非破壊検査装置の販売に力を入れる

2002 02

日本無線株式会社と代理店契約を締結

2002 12

資本金を1000 万円に増資

2003 01

株式会社に組織変更し、会社を株式会社計測技術サービスとする

2006 04

東京営業所を港区芝から水道橋に移転

2008 11

大阪本社を大阪市西区から大阪市福島区に移転

200903

電磁誘導式鉄筋探査装置 アイゼンプロスぺクタ(EM-01)を販売開始

2010 01

有害鳥獣捕獲監視装置を開発、通信会社を経由して丹後地域の地方自治体へ納入

2011 09

東京ゲームショウに電脳防具雷鳴ψを出展

2011 11

JAPAN EXPO in RUSSIA(モスクワ)に電脳防具雷鳴ψを出展

201201

東京営業所を文京区後楽1丁目に移転

201203

EM-01の後継機である、アイゼンプロスぺクタ~鉄測~(EM-01A)の販売開始

2012 04

東京事務所を本社とし、大阪本社を営業所とした